ハイカム+ポン付けタービン+EVC+エディター

ブログはウェブログの略語なのでWebサイトに記録を残すという意味合いが有る、書いてる側からすると他の方が書いてるブログを見て、「よくこんな細かく丁寧に書いてるな~」とか「今日はホイルを交換しました。カッコ良くなりました!」と小学生の連絡帳みたいなブログ等、イロイロ個性が有るね。ツイッター的な内容では詳細まで紹介出来ないので、オーナーの方への進捗具合や見てる方の参考になるような内容が理想かな?意見とか有れば遠慮なく!

さて前回、ワークス3兄弟の最後の遥々湘南からの2泊3日で入庫したワークスの御紹介

パッと見て癖が有るのが分かる仕様(笑)全然、構いません!むしろ癖のない車両の方が少ないですからね!36用ポン付けターボが装着されており、有名な他店HKSプロショップでフラッシュエディターで現車セッティングしてもらったけど、全然、気持ちよく走れないとの事…で「何とかなりませんか?」と何時ものパターンです…ターボはスピードボックスオリジナルのポン付けで150ps対応らしい…念の為、スラスト確認、限度値までコンマ1なので交換。限度値に来た時は中等症レベル

同時にカムシャフトも交換し充填効率アップ、仕様変更した新しい36ワークスのカムプロフィールは、少しラフアイドル気味な音です

カム山の違いから分かるようにプロフィールは微積分して1から製作してます。肝心のブーストはEVC制御、エンジンはフラッシュエディター制御なので時間が掛かります

いつも通りバルタイを先行でセッティング、バルタイが決まればジェットを回して燃料点火をログを見て修正書き込み、ジェットで回してログ見て修正書き込み….を何度も何度も変更後、実走でもエディターを微修正して完成!!エディターセッティングだけでトータル約8時間…でもハイカムが入ってるエンジンって高回転まで吹けていく音がメッチャイイので遣り甲斐あります(^^

ただ150psには到底足りなくて申し訳ない(^^; 逆にどうやったらポン付けターボで150psも出せるんだろう!?


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中